信用金庫と銀行・信用組合との違い

amsterdam13

金融サービスは同じでも、経営理念の違いで組織のあり方がそれぞれ異なります。

銀行は、株式会社であり、株主の利益が優先され、主な取引先は大企業です。

 

信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互

扶助を目的とした協同組織の金融機関で、主な取引先は中小企業や個人です。

利益第一主義ではなく、会員すなわち地域社会の利益が優先されます。

 

さらに、営業地域は一定の地域に限定されており、お預かりした資金はその地域

の発展に生かされている点も銀行と大きく異なります。

 

信用組合は、信用金庫と同じ協同組織の金融機関ですが、根拠法や会員(組合員)

資格が異なります。また、預金の受入れについても、信用組合は原則として組合員

が対象ですが、信用金庫は制限がないなど業の範囲も異なります。


□売却するには適正な価格を知ることが大事です。
私の知り合い大家さんもこちらで査定して売却してしています。
自分の物件がどの位で売れそうか知っておきたいですね!(無料ですよ)
収益物件査定