消費生活相談(平成25年度)

20150211

「消費生活相談」と聞いても、なかなかピンと来ない方が多いと思います。

でも、決して他人事ではなく身近な問題です。

 

私が住んでいる神奈川県内の消費生活相談の例です。

1年間で何件くらいの相談があるか。

→相談件数は、約7万件。

 

では、どんな相談が多いのか。

 

【1位:デジタルコンテンツ】

身に覚えのないサイト利用料や架空請求、アダルトサイトでいきなり登録となって高額な料金を請求された。など

【2位:不動産賃借】

退去時に高額な原状回復費用を請求された。管理会社がなかなか修繕に応じてくれない。など

【3位:工事・建築】

点検業者がやってくれるといった訪問販売の形で勧誘され、屋根工事や塗装工事を契約させられたなど。

4位:商品一般、5位:健康食品、6位:フリーローン・サラ金、7位:携帯電話サービス

8位:ファンド型投資商品、9位:役務その他サービス、10位:四輪自動車

(平成25年度実績)

 

神奈川県内の消費生活相談で不動産賃借が2位となっております。

原状回復費用と敷金精算に関する相談とかが多そうです。

私も不動産賃貸業をしておりますので、良く考えないといけないところです。





アパートのプロパンガス料金を比較できます!無料で調べられるし、ガス会社の切り替え完了まですべて無料なので所有物件の料金がどれだけ安くなるか比較してみては?!