国税局からのお尋ね

20150126

不動産所得を有するかたを対象に国税局から決算書の内容とかに

ついてお尋ねがあるようです。

 

国税局の目的は申告内容に誤りのある事例が非常に多いため、適正な

申告をしてもらうために実施しているようです。

 

では、誤りの多い事例とはどんな内容か。

 

・礼金・共益費 → 収入への計上漏れ

 

・租税公課 → 自宅分の固定資産税を経費計上

 

・修繕費 → 資本的支出を計上

 

・借入金利子 → 借入金の元本返済分を経費計上

 

・雑費 → 不動産とは関係ない交際費や交通費を計上

 

当たり前なところと分かりにくい内容とありますね。

 

この中では修繕費の項目でしょうか。

 

下記は国税庁のホームページから。

 

[平成26年4月1日現在法令等]

固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち、その固定資産の維持管理や

原状回復のために要したと認められる部分の金額は、修繕費として支出した時に損金

算入が認められます。

ただし、その修理、改良等が固定資産の使用可能期間を延長させ、又は価値を増加さ

せるものである場合は、その延長及び増加させる部分に対応する金額は、修繕費とは

ならず、資本的支出となります。

修繕費になるかどうかの判定は修繕費、改良費などの名目によって判断するのではなく、

その実質によって判定します。





アパートのプロパンガス料金を比較できます!無料で調べられるし、ガス会社の切り替え完了まですべて無料なので所有物件の料金がどれだけ安くなるか比較してみては?!