金利が低い今、住宅ローンと賃貸募集を考える

13569861_975797975871655_903873362_o

最近、自宅用の安い物件が売れているらしい。

“消費税が上がる前に”“住宅ローンの金利が低い今”

買いたくなる条件がそろっています。

(高い物件も高所得者に売れています。)

 

では、住宅ローンの返済額はどの位でしょうか。

みてみます。

価格2,700万の自宅を購入した場合の返済額

(2,700万円を融資受けた場合)

住宅ローンを金利1%、期間35年で受けたとして、

76,217円となります。

 

価格3,000万の自宅を購入した場合の返済額

(3,000万円を融資受けた場合)

住宅ローンを金利1%、期間35年で受けたとして、

84,685円となります。

 

たとえば、川崎市川崎区の平均賃料をみてみます。

間取り1Kタイプで7.27万円

間取り2Kタイプで7.79万円

間取り2DKタイプで8.80万円

間取り1LDKタイプで9.92万円

となります。

 

自宅を購入する人達の多くがファミリー層です。

賃貸した場合の賃料で2K・2DKタイプは住宅ローンの

返済額と近いものになります。

 

低価格帯の自宅が売れているということは2K・2DKタイプ

から引越ししているケースが多いと想像できます。

 

私の賃貸している部屋でも退去理由として“自宅購入”の

割合が増えてきました。

 

今回は住宅購入と賃料について考えてみました。





アパートのプロパンガス料金を比較できます!無料で調べられるし、ガス会社の切り替え完了まですべて無料なので所有物件の料金がどれだけ安くなるか比較してみては?!